2018年5月18日金曜日

「4分の3、青い。」

左耳中等度難聴

現在、NHK朝ドラで
「半分、青い。」を放送しています。

子供の頃におたふく風邪で
左耳の聴力を失聴したヒロインが
田舎から東京に出て
マンガやイラストで頑張っていくお話です。

このヒロインの「すずめちゃん」は、
左の聴力が完全になくなりましたが、
実は、私は
左耳の聴力が「半分」に落ちています。



7~8年前のことです。

シャワーの音がヘンに感じました。
片耳が詰まったような感じ。

長らく我慢していましたが、
やはり聴こえのバランスがおかしいと思って
耳鼻科に行き、聴力検査で
突発性難聴と診断されました。

原因は不明です。

しかし、すでに時遅し、
ステロイドを飲んでも治りませんでした。

発病して1~2週間以内に
投薬しないとダメなのだそうです。

現在、左耳の中高音域が
60デシベル(正常だと0~20くらい)
に落ちていて、中等度の難聴です。

左耳だけで聞くと、
雑音の中では人の言葉が
曖昧にしか聞こえません。
特に、子音の判別が困難です。

時計の動くカチカチも
ヘルツによっては聞こえません。

でも、右耳は正常なので、
ほぼ日常に支障はないのですが・・・

ただ、私は教師や研究者の他に、
音楽の仕事もしてきました。

それまでは、
オーケストラのコンサートなどでは、
私は楽曲の構成をよく知っているので、
普通の人では聴き分けられないほどの
各楽器の音のバランスの良しあしが
よく聴き取れました。

それが、一流のオケを聴いても
音がやや歪んで聴こえるのです。

愕然として、それからは
コンサートへの足が遠のきました。

自分でピアノを弾く分には、
あまり影響は感じませんが・・・

一番辛いのは、
左耳に常に耳鳴りがあることです。

左右の聴こえのバランスを取るために、
脳のセンサーが異常をきたし、
聴こえないはずの高音域が
頭の中で鳴ってしまうのです。

ヒロインのすずめちゃんも、
「左耳で小人さんが歌っている」
と言っていましたが、
その通りです。

最近、大きな病院で
MRIを撮って調べましたが、
腫瘍とかはなく脳は大丈夫でした。

先生から、
「もう聴力は元には戻らないから、
耳鳴りに慣れるしかないですね。」
と言われ、音響療法を奨められました。

耳鳴りと同じようなヘルツの音を
わざと流して聴くのです。
自然音(川のせせらぎなど)が
いいそうです。

そのうち脳が慣れてくるそうですが、
今のところまだ小人さんがよく騒いでいます。

補聴器での治療もあるのですが、
最近の医学的研究では、
あまりお薦めではないとのことでした。

最近、パパさんがボーリングを始めました。
持病の心房細動が手術で良くなったので、
少しずつ運動療法です。

私も付き合って行っています。

ボーリング場はかなりうるさいので、
耳に大丈夫かと思いましたが、
逆に、うるさいから
耳鳴りがわからなくなって
良いような気がしてきました。

年齢とともに
耳や目(緑内障)が悪くなってきましたが、
これからも、
悪いところが増えていくことでしょう。
嫌ですね~

私の場合、
聴こえる部分を「青い」とすると、
「4分の3、青い。」です。

これからも、
左耳に住む小人さんとともに、
仲良くしていく他なさそうです。





     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年5月14日月曜日

気になるテレビ番組

NHK深夜番組のアニメ「ピアノの森」

アニメに疎い私ですが、
最近、NHKの日曜深夜に
面白いアニメをやっていることを知りました。

一色まこと原作の「ピアノの森」です。

20年ほど前から、連載されたもののようです。

以前から、存在は知っていましたが、
マンガを見たことはなく、
その後も映画化されましたが
それも見ていません。

今回、テレビで初めて見ました。

ひとことで言えば、
森に捨てられたピアノを
遊びで弾いていた
貧しい母子家庭の男の子が
その才能を有名ピアニストに見いだされ、
最高峰のショパンコンクールに
優勝するというお話。

一度聴いた音楽は
すぐ再現でき、
しかも人々を感動させる演奏ができる。

モーツァルトのような天才です。

しかし、
モーツァルトは素晴らしい音楽環境で
生まれ育っていますが、
この主人公「一ノ瀬海」君は、
全くクラシック音楽環境のない
森のバラックのようなところで
生まれました。

なのに、
一流ピアニストのような弾きっぷりです。

ピアノを弾く私からすると、
環境も指導者も全く整わない条件で、
こんな風に
決まった形のクラシック音楽を
完璧に弾けることは
まずありえませんね。(フィクションだから)

本当は、既成の曲ではなく
オリジナルな曲を生み出す天才児
の方が説得力はあるのですが・・・

まあ、それにしても、
絵の美しさや人間模様、
手の動き、音の美しさなど
本当に見ていて楽しいです。

突っ込みを入れるとすれば、
腕の動きは音楽にマッチしているのですが、
弾いている指が、違う音を押さえている
ことが気になります。

そこまで完璧な監修が
できなかったのでしょうか。(笑)

昨夜の放送では、
難しい楽譜を初見演奏していました。
楽譜が読めなかったはずでは・・・

突っ込みどころ満載ですが、
それ以上に
ピアノへの情熱がほとばしるアニメ。

これからは、
ショパンコンクールに向けて
「食えるピアニスト」になるための
修行が始まります。

深夜だから、ほとんどが録画ですが、
今後を楽しみに観てみます。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年5月8日火曜日

目的があればできる

体調が少し良くなってきたようです。

私は喘息持ちで、
肺機能が悪く、
2年前は95歳以上という
最悪の検査結果でしたが、
最近は、治療の効果もあり、
80歳くらいに若返りました。

しかし、私はまだ50代後半。
20歳以上も実年齢より
差があるのはまずいんで、
少しずつウォーキングを始めました。

以前は、200m先のコンビニまで行くのに、
息が切れて苦しくなり
引き返すようなひどい状態でいた。

専門の呼吸器科に通い、
ステロイド吸入や投薬などを続けた結果、
今では、30分ほど歩けるようになりました。

私は、ジョギングなど
運動することを目的とすると
天候や体調を理由にして
続かない性格なので、
目的を図書館に定めました。

ちょうど30分くらいで行けるので、
図書館で本を読むことを
楽しみに歩くことにしました。

地域の図書館に置いてある本は、
社会学の研究(統計など)からすると
データの古いものが多く、
役に立たないものがほとんどです。

しかし、図書館の
古い書物を手あたり次第読んでいくと、
それなりに面白いし、
視野が広がります。

「古きを訪ねて新しきを知る」

意外と良い経験かもしれません。

小説やエッセイは古くても
面白い物は多いですね。

図書館がゴールのウォーキングは、
運動と知的満足が得られるので
私の病気回復のためにも
続けて行こうと思っています。

帰りは、上り坂が続くので、
バスや車のお迎えなどで移動していますが、
そのうち、
この上り坂も制覇したいと思っています。

よく運動する人から見れば
レベルの低い運動ですが、
病気を抱ながらですので
とりあえず頑張ってみます!




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年4月27日金曜日

声かけしてきた男性は・・・

声かけてきた男性にびっくり

昨日から実家に行ってました。
今日、買い物をしに実家を出たら、
家の近くで、
何だか人がワイワイしていました。

「何かの撮影かな?」
(最近、商店街のあるものが有名になって
時々ロケに来ているので)

気にせずに通り過ぎたら、
「すいませ~ん。」って
男性に声をかけられました。

「はい。」ってその人を見たら、
なんと・・・
ロンブーの田村淳さんじゃあないですか!



「〇〇をしているお店ってどこですか?」
って聞かれました。

驚きながら、その店を教えてあげました。

前もって、スタッフが調べないのですかね。
行き当たりばったりの
お散歩番組なのかもしれません。
それか、わざわざ通行人に
聞いているのかもしれませんが。

スタッフさんに
「映してもいいですか?」と聞かれ、
サインを要求されました。

肖像権の問題もあり、
結構、神経質に番組を作るのですね。

それにしても、
良く知らないタレントさんならともかく、
全国版の有名芸能人が来ていて、
私に気軽に声かけしてくるなんて
ちょっと面白かったです。

淳さん、
もし青学に受かっていたら、
今頃、大学に通っていたのかな。(笑)

一応、5月放送の番組見てみるけど、
カットされるんじゃないかなぁ・・・

でも、面白い経験ができました。

そういえば・・・
数年前に、街で声かけされたことを
思い出しました。

用事で川崎駅周辺を歩いていたら、
「熟女〇〇やってみませんか?」って。

あはは。
こういう繁華街では、
意外と需要があるものなんですね~(^^;)




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年4月25日水曜日

食えない仕事

女性にとって
食える仕事、食えない仕事

友人の娘さんは
ヴァイオリニストです。
最高峰の芸大を卒業し、
ドイツ留学をした才媛です。

勉強もトップクラスでできたけど、
音楽の道に進みました。

卒業してから
演奏をしたり、指導をしていますが、
それ以上に楽器のメンテナンスや
ピアノ伴奏者へのお礼、
移動費、衣装代などに消え、
収入はわずか。

ヴァイオリンを習う子女も
最近では減っているでしょう。

学校の音楽教師のポストも
ほぼないに等しい時代です。

結局、両親の家に住んで
食べさせてもらい、
演奏活動を続けるしかないようです。

30歳にもなると、
婚活が最大の目標になっています。

お金を稼ぐ男性をゲットし、
それに乗っかって
演奏活動するのが目標だそうで・・・

昔から、音楽や美術、演劇など
芸術系の仕事では
なかなか収入が得られないことは
良く知られていました。

でも、以前は、
クラシック系の女性音楽家は、
高収入のエリート男性に結構好まれ、
結婚して収入を気にすることなく
演奏や指導に集中することができました。

ところが、
日本経済がなかなか好転せず、
大企業ですら倒産やリストラなどの
危機に合うような時代となりました。

そうなると、
エリート男性ですら、
求める女性観が変化し、
専業主婦希望者や
お金のかかる音楽家などと結婚するより、
資格を持った稼げる女性を
保険として選ぶようになってきたようです。

最近では、特に女性の場合、
看護師や薬剤師、保育士、美容師など、
どこでもいつでも働ける資格の
希望者が増えています。

婚活市場でも
看護師や保育士などは人気だそうで・・・

私たちの若い頃は、
看護師さんは
ほぼ誰でもなれる職業でした。
中学卒業後、専門学校で
看護師になる資格をとる
同級生も数名いました。

でも、今は、
大学に看護学部ができ、
看護学部の偏差値も上がり、
看護師さんの収入や地位も向上しました。

こうした資格をもった女性は
夫がどうかしても、
離婚しても生きて行けるでしょう。

私は小中高の教員免許を持ち、
生きていくのには困りませんでした。
また、ピアノ教師もできるので
子供が小さい頃は
家で働けて助かりました。

ただ・・・
30代の頃、自分が大きな病気をしたため
働けなくなりました。

その後、病気が回復したのを期に、
教員などをしながら
頑張って勉強し、
国立の大学院で学位(博士)を取り、
研究者の道に進みました。

文系で博士号を取るのは
この上もなく厳しい道のりでした。
大学教授でも持っている先生はわずか。

国内や海外の学会で発表し、
論文を書きまくりました。

ただ、研究は面白いのですが、
収入は多くありませんでした。

博士号は、なかなか取得できないけど、
「足の裏の米粒」と言われますように、
ほぼ「取っても食えない」です。
「でも、取らないと気持ち悪い。」(^^;)

大学の正教員の道は
少子化でほとんど閉ざされていますし。
非常勤だけで生きていくことは
厳しいですね。

これからはAIの時代です。
どんな仕事が
生き残っていけるのでしょうか・・・

私の老後は、
好きな研究を続けながら、
ぼちぼちピアノ教室でもして
暮らしていこうかなと思っています。

数年前に介護の資格も取りましたが、
こちらは体力勝負なので
使わずじまいかもしれません。

結局のところ
何をするにも
体が資本ということですね!



     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年4月14日土曜日

メディアの扇動?

うんざりするような情報があふれている

最近、日本国内では
いろいろな問題が取沙汰されています。

テレビ、ネット、週刊誌・・・をとおして

どこもかしこも
パワハラ、セクハラ、暴行、
男女差別、不倫、
忖度、改ざん、隠ぺい・・・などなど。

メディアから毎日のように流れてくるので、
知らなくてもいいことまで
いろいろと知ってしまいます。

テレビのワイドショーなどでは、
こぞってこれらの問題を取り上げ、
コメンテーターたちが
「あーだ、こーだ」と言い合っています。

女性の視聴者が多い
朝や昼間のワイドショーでは、
女性に配慮した発言が
多いような気がします。

「悪者」を作り上げて
非難を浴びせ、
引きずり降ろす・・・

視聴者もある意味、
ショータイムのように
楽しんでいるのでは?
所詮、他人事ですから。
(政治問題は別)

例えば、相撲界の「女人禁制」。
救急救命をした看護師さんに
「土俵から降りろ」
とアナウンスしたことをきっかけに
大問題になっています。

古臭い伝統を重んじるため、
「しきたり」には敏感でも、
臨機応変な思考が麻痺していました。

多くが中学を卒業して、
力士や行司をめざして入門して、
上から言われることに忠実に従い、
稽古に没頭してきた相撲界。

物事を自分の頭で考えることが
できないようになっているのでは?

本来は、ここから始まらないと、
古い体質の相撲界は
改善していかないのではないでしょうか?

「悪者」を仕立て上げて
視聴者を扇動させているような
メディアの在り方にも
問題があります。

いろいろな問題には
簡単に善悪をつけられないことが
多々あります。

どちらにも言い分はあるわけで・・・

メディアの取り上げ方ひとつで
私たちもいいように操作されて
しまっているのかもしれません。

ただ、「森加計、日報問題」など
政治に関わる問題については、
国民の問題でもあり、
税金も絡んでいますので
やはり真相を究明してほしいと
思っています。

ただ、野党のしつこい追及も
正直うんざりです。
安倍政権を倒したいだけですから。

早急に膿を出し切って
総辞職する必要があるならして
次に進んでください。

世界中では
もっと大変な問題が山積みですよ!

内輪もめしている場合ではないと
痛感する今日この頃です。

私たちも、
メディアの情報を鵜呑みにするのではなく、
自分の頭でも考えられるように
したいものだと感じています。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年4月7日土曜日

引っ越し難民

新年度に引っ越しできない人が急増

昨日届くはずだった宅配便が
今日になってもまだ届きません。
メールでも遅延情報が来ないし・・・

Amazonの宅配で遅れたのは
今までほとんどありません。

やはり、繁忙期が原因なのでしょうか・・・

3月下旬から4月上旬にかけて
入学や就職、転勤などで
引っ越しの需要が増大します。

特に、最近では
引っ越し業者の人手が足りず、
かなりの引っ越し難民が出ているようです。

さらに、国の働き方改革の影響で、
業者が受注を減らすということも
原因の一つとか。

うまく引っ越しできたとしても、
普段よりもかなり高めの
料金設定のようです。

だから、この時期に
引っ越しできなかった人たちは、
5月くらいまで待つか、
宅配便で分割配送するか、
軽トラ借りて自分で引っ越しする
などいろいろするのでしょうね。

今回、宅配が遅れているのには
そういった事情もあるだろうし、
大目に見てあげましょう。

今後、引っ越し業者や配送業者の
人手不足は深刻になるでしょう。

特に、このところ
若者の就職難が解消されてきているので、
無理して体を壊すような仕事は
避ける傾向が出てくると思います。

Amazonも送料を値上げするようですし、
これから配送関係は
どうなっていくのでしょうね。

この問題について、今後、
AIがどのくらい力になっていくか、
自動運転やドローンなどで配送が行えれば、
ある程度解決していく問題なのでしょうか・・・

とりあえず、
早く宅配来てくださ~い。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年3月31日土曜日

桜のトンネル独り占め

昼は桜、夜はブルームーン


桜のトンネル

ブルームーン(2018年3月31日)


桜が満開の季節となりました。
今年は開花が早かったので
3月26日くらいから満開でした。

何処に行っても
桜の名所は人でいっぱいです。
大混雑の花見はあまり
好きではありません。

でも、この写真の場所は
運よく誰もいませんでした。

200メートルぐらい続く
桜のトンネルが見事でした。

平日14時頃だったせいもあり、
ほとんど人がいなくて
満開の桜を独り占めでした。

要介護3の父も連れて行きました。
とても喜んでいました。

一緒に桜のトンネルをくぐりました。

来年も来られるといいです。

そして・・・

2018年3月31日は、ブルームーンでした。
同じ月に2回ある満月です。

見ると幸せが訪れるという
言い伝えがあるそうです。

幸せのおすそ分けに
写真をアップしました。

次回のブルームーンは、
2020年10月だそうです。

3月は本当に短かった気がします。

テレビでは、
22年間続いた「めちゃイケ」の
最終回を放送しています。

いろいろなことが変わる月ですね。

そんな切り替わりの時に、
きれいなブルームーンが見られて
良かったです。

明日から4月。
また、気持ちを新たに
頑張っていきたいものです。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年3月19日月曜日

予算審議をしなくていいんかい?

参議院予算委員会で他にやることあるでしょ。

国会中継は、森友問題の答弁一色。

「忖度、忖度」って
野党から
安倍首相や麻生財務大臣や
財務省理財局長などが攻められ、
苦しい言い訳の連続です。

・公文書の改ざんの責任
・国有地格安売却の経緯と責任
・安倍昭惠夫人の関与
・佐川氏の証人喚問

本日の国会で
これらが審議の中心になっていますが、
野党は森友問題をうまく使って
安倍政権打倒を狙う意図が
見え見えですね。

自民党内でも
アンチ安倍派は動き出しているでしょう。

今まで、森友問題で
ウソをつき通していた
財務省、関連政治家ですが、
自殺者が出てしまい、
改ざん前の文書が出てきて
どうにも隠すことが
できなくなってしまいました。

しかし、
政府は官僚のせいにして
逃げ切ろうとしています。

安倍さんが、
「自分や妻が関係していたら
首相も国会議員も辞任する。」
以前啖呵を切ったことで、
逃げ切るしか道がないようですね。

安倍首相は、
夫人の関与を全否定で
押し通していました。

国民は、みんなわかっていますよ。

昭惠夫人が関係してないわけないでしょ。
たとえ、籠池夫妻に騙されていたとしても。
官僚人事を政治家が握れるようになって、
「忖度」は暗黙の了解だったようです。

こんな茶番国会は時間と税金の無駄。
第三者の調査機関に任せて、
別の場所で公開討論会すればいいから、
ちゃんと予算審議してちょうだい。
大事な審議がいっぱいあるでしょう・・・
参議院だからいいんかい??

こんな政治不安のおかげで
マーケットも不安定で困っております。
アベグジットにでもなれば、
株安必至ですから。

ただ、独裁政治の国だったら、
こんな問題は
権力で簡単に握りつぶしてしまうでしょうから、
日本の政治は、まだ、
ある意味まともなのかもしれませんね。

今後、政府が
どのようになっていくのかわかりませんが、
世界各国のトップは相当なツワモノだらけ。

もし、森友問題で
安倍首相が退陣した場合、
彼らに対峙・忖度できるようなリーダー、
安倍さんに代わる首相が
存在すればいいのですが、
どうでしょうかねぇ・・・(^^;)




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年3月16日金曜日

ホルター心電図

24時間ホルター心電図をつけることに・・・


http://koishikawa-clinic.com/circulatory.htmlより

最近、胸痛や息苦しさが良く起こるので、
呼吸器科の先生に
心臓エコーと
24時間のホルター心電図を
とるように指示されました。

今日現在、
上の図のようなのを付けられて
24時間心臓の動きを計測しています。
何だか大袈裟ですよね~

本当の写真をお見せできないのは
残念ですが(笑)

普段通りの生活をしますが、
お風呂には入れません。

この検査で、
不整脈や狭心症など
心臓の動きの異常を
見つけることができます。

私は呼吸機能が悪いのに加え
循環器の方も疑われてしまい・・・

というのも、
祖母、両親、叔父、弟など
血族の多くが
狭心症や心筋梗塞など
循環器系の病気を患っているのです。

また、以前、
民間の遺伝子検査で
口の中の粘膜をこすったものを送ったら、
アルツハイマーの発症可能性は低いが、
循環器系で発症するリスクが高いと
出てしまいました。
やはり気をつけないと
同じように心筋梗塞になるかも
しれません。

これで心臓が悪かったら
目も当てられませんわ。(-_-メ)

世の中では、
文書改ざんやパワハラなどで
マスコミが賑わっていますね。

政治家や官僚やコーチなどの
会見での発言時にも
ホルター心電図をつけてみたら
嘘が見抜けるな~んて・・(^^;)




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年3月8日木曜日

低レベルの若返り

あなたの肺年齢は?

肺機能の精密検査を受けてきました。

喘息と診断されたのが約2年半前です。

呼吸器科では、喘息の診断は
肺機能の精密検査のデータ等で判定します。

普通の内科だと、
気管支が「ゼイゼイ」いって
息が切れたり息苦しいから
「喘息でしょう」と判断されがちですが、
呼吸器の専門科では、
ガイドラインに沿って
精密検査で慎重に診断されます。

長年、咳がなかなか止まらないことが多く、
あまり喘鳴が聞こえなかったため、
風邪による気管支炎と決めつけられて
近くの医院から
咳止めや抗生物質ばかり出されていました。

本当は、咳喘息だったので
ステロイドの吸入薬などで
気管支の炎症を抑える必要があったのです。

今でも、咳喘息をよく知らない医師も
いると聞きます。

間違った治療法を続けていたので、
咳喘息から
本格的な喘息になってしまいました。

最初から、呼吸器科に行くべきでした。

2年半前の肺機能検査では、
私の肺年齢は「95歳以上」でした。
95歳ではなく「それ以上」という酷さ。
肺年齢のマックス高い値です。
まだ50代ですから、
そりゃ、苦しいわけです。
気管支だけではなく
肺機能も良くないようです。

それから2年半。
ステロイド吸入薬を中心とした
薬物療法を続けました。

その効果もあってか
昨日の肺機能検査では
肺年齢が80歳になっていました。

95歳以上から80歳という
15歳以上も若返りました。
レベルの低い若返りですが(笑)

ただし、私の評価は
「同性同年代の平均値よりかなり悪い」
と書いてあり、
通知表なら1か2でしょうね。

でも、一応良くなってきたので
良かったといえるのかな・・・
でもまだ、時々苦しくなります。

次回は、肺年齢70歳代を目指して
頑張ります。

頑張ると言っても、
環境や呼吸を整えて、無理をせず、
基本、薬を使うことになるのですが・・・

男子フィギュアスケートで
金メダル2連覇した羽生結弦選手は
子供の頃から重症の喘息だったそうです。

本当に苦労して
あそこまで到達したと思います。
今でも、苦しい時があるでしょう。

彼は、私と同じ
発作止めの吸入薬を常備していました。
テレビで映りましたから。

心臓に負荷をかける気管支拡張の
吸入薬です。

彼はよく頑張ってきたと思います。
これからは、身体を酷使せず、
金メダルを取るためではなく、
美しくて人々を感動させてくれる演技を
続けて行ってくれればと思っています。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年3月1日木曜日

群れる女たち

みんな一緒にしたがる女たち

学生時代の女友達が何人かいます。
当時は毎日一緒にいたから
いわゆる腐れ縁の仲間ですが、
それから何十年、いい歳になっても
まだ群れているのがちょっと・・・

当時の先生が受賞されたから
お祝いに行かなくちゃ。
みんなでお宅に押しかけて、
お祝い金を差し上げました。

スクールカーストのトップが
自然に決まっていて、
その下が犬のように動いて、
それに従うのが何人かいて、
結局、「〇〇の会」とかいって
毎年何回か集合がかけられます。

何日の何時に、何処何処へ集合。
家庭がある人が多いので
ほぼランチですが。
トップダウンです。

私は、昔は大人しかったので
黙って従っていましたが、
最近は、そのトップダウンがウザくなり
体調不良もあるので
結構な割合で断わっています。

スクールカーストから逸脱することは
今後外されるというリスクもありますが、
私は私で群れたくないから
それでいいと思っています。

ジャイアンから見た、
「のび太のくせに」
みたいな感覚でしょうね。

最近も、恩師が亡くなったことで、
すでにお葬式も終わっていたので
みんなで一緒にお宅に行こうと
トップダウンで命令が下りました。

香典の金額まで決められました。
お互いの相談なくひとり1万円。

中には5千円ぐらいでもと
思う人もいるでしょう。
でも、「みんな一緒」から外れたくないので
なんの意見もなく決定です。

でも、みんな一緒にお金を差し上げても、
結局、香典の半値くらいの
返礼品が送られてきます。
香典をもらった方も、
結構な手間ですよね。

先方のお手数も考え、
葬儀も終わっていることですから、
私は個人でお花を届けることにしました。
お花なら返礼無しでいいですから。
もちろん、気持ちを込めて。
ということで、私は群れから離れました。

みんな一緒で埋もれるくらいなら
お花やお線香を個人であげたほうが
印象深くなるでしょう。

いつまでも
群れないと生きていけないのは
私にはついていけません。

他にもちゃんと対等に
付き合える友達はいるので
お互いを尊重した付き合いを
していきたいと思っています。

群れて一見仲良くしている女たちでも、
結局その中で牽制し合ったり、
陰口を言ったりしていることが多いです。

一番おいしいのは、他人の不幸話。
いつの時代もそうでしょうね。

男たちも群れますが、
女の群れ方とはまた違う性質があるようです。
こちらは、私が男でないから
よくわかりませんが・・・

だれでも、他人に支えられながら
生きていることは、よくわかっています。
でも、過剰な群れ方は
自分を見失ってしまうのではないでしょうか。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年2月19日月曜日

若き天才たちからのエネルギー

若者たちの活躍

平昌オリンピックが開催中です。
政治的な面があり
あまり興味はないのですが、
アスリートたちの活躍には
目を見張るものがあります。

特に、フィギュアの羽生結弦選手は
怪我を乗り越えての
2大会連続の金メダル。

彼の演技のみならず、
その振る舞いや言葉も
世界中の人々を惹きつけるものがあり、
まるで「仙人」のように
感じてしまいました。

他にも、銀メダルに輝いた宇野選手、
スピードスケートの
小平選手や髙木選手、
スケートボードの平野選手など、
若きアスリートたちの活躍や
その努力には頭が下がる思いです。

まだオリンピックは続きますので
メダルが増えると思います。

そして・・・オリンピックの裏で、
将棋の藤井聡太五段(15)が
第11回朝日杯オープンで
史上最年少優勝を飾りました。

先日、国民栄誉賞を受賞した
羽生善治竜王を熱戦の末に撃破。
続く決勝でも
広瀬章人八段に勝利しました。

そして、
中学生初の六段となりました。
とても冷静で謙虚な男子です。

藤井六段は、もはや天才ですね。

今後もますます伸びていって
立派な棋士に成長してもらいたいです。

このように、
最近活躍する若き天才たちを
メディアで見るたびに、
若い人たちからエネルギーを
貰っています。

「今時の若いもんは・・・」
なんて、どの時代でも言われますが、
最近では、
「今時の若者は凄い!」
と言いたいですね。

若き天才たちのエネルギーは
同じ世代の若い人たちにも伝わり、
さらに、それに続く子供たちの
将来の糧となっていくでしょう。

この天才たちが
20年後どうなっているでしょうか・・・
多分、それぞれの分野で
活躍していることでしょう。

スキージャンプの葛西選手は
45歳になっても選手として
活躍しているレジェンド。
こちらも素晴らしい!

とにかく、若者たちが
幸せに生きていける
平和で明るい未来が待っていることを
願うばかりです。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年2月12日月曜日

見る気がしないオリンピック

政治色が強すぎるオリンピック

平昌冬季オリンピックが始まりました。
開会式は、民族色一色でしたね。

慰安婦像でも出てくるのかと
心配しましたが、
それはなくてホッとしました。

北朝鮮と韓国の合流チーム・・・
どうしちゃったの?韓国。

北朝鮮の言いなりではないですかぁ。

美女軍団の気色悪い応援。
あまり放送して欲しくないです。

人間は見た目に左右されますから、
北朝鮮は若いきれいな女性を
送り出し、前面に出すことによって、
イメージアップを計っているのでしょう。

それに乗ってはいけないと思うのですが、
でも見ちゃう心理も働きますよね。
特に男性は。
だから、放送局も追っかけています。

選手たちは頑張って競技していますが、
政治色が強すぎて、
「なんだかなぁ。」って感じです。

見たい選手や競技だけは見ますが、
盛り上がりにも欠け
あまり見たくないオリンピックです。

北朝鮮の非核化に向けた
融和的参加ならば歓迎ですが、
そうじゃないでしょう・・・
前日に軍事パレードしてましたし。

文大統領、
北朝鮮とも表面上仲良くして、
アメリカや日本とも同盟を組み、
どうしようと思っているのか・・・

もともと日韓関係は
あまり良くないですが、
アメリカを敵に回すことになるのは
まずいんじゃないでしょうか・・・

まあ、韓国としては、
「オリンピックを機会に仲良く
してあげるから、韓国だけには
ミサイル落とさないでね。」
っていう下心なのではと思いますが。

オリンピックが
政治利用されていることに
憤りを感じる人たちは
競技も見たくなくなります。

東京オリンピックも大丈夫かと
不安になりますね。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村