2018年5月24日木曜日

音声データの必要性

音声録音が必須の時代

このところ、いろいろな場面で
「言った」「言わない」という
論争が巻き起こっています。

政治、スポーツ、事件・・・
さまざまな場面で。

「誰が嘘をついているか?」
という議論をテレビでも
しつこいくらいやっていますが、
いろいろな矛盾が生じても、
「記憶にない。」で通されてしまい、
結局、証拠がない限り
権力側が勝ってしまったりして、
難しい局面があります。

私もかつて、仕事の場面で
定年された高齢男性から
言われなき暴言を
吐かれたことがあります。

この男性は、上司ではなくて
仕事上関係していた方です。
私よりは上の立場の人。

それまでは、
異常なほどの可愛がられ方をしていましたが、
ある日を境に、
暴言、パワハラを受けるようになりました。

私は、身に覚えがないので
冷静に聞き返してみましたが、
理由は言われませんでした。

ただ、言われなき暴言を
私に指を指しながら、
大声で吐きつづけていました。

「こいつは嘘つきだ!」など
感情的なひどい言葉をいろいろ。

振り返って考えると、
「他の男性をほめた」ことが
原因ではないかと思われました。

その暴言男性の前で、
「あの人は凄い。」と言った記憶があります。
本当によく仕事ができる人でしたから。

それを根に持って、
「今まで可愛がってやったのに」という
ひがみ、憾み、怒りの気持ちが出たのでしょう。

その男性は、
自己愛の強い人でした。
以前にも、問題を何度も
起こしたことがあります。

私が、他の男性に目が行ったことが
どうにも気に入らなかったのでは・・・

仕事上の問題なら、
そのことを言われるはずですが、
その指摘は何もありませんでした。

こちらもパワハラで参ってしまったので、
弁護士さんに聞いてみました。
「どうしたものか」と。

弁護士さんは、
「とにかく録音した証拠が必要」
とのことでした。

当時(20年ほど前)はスマホもなく、
ボイスレコーダーも
サイズが大きく高価でした。
テープレコーダーでは相手にバレバレです。
ボイスレコーダーなら
わざわざ購入しなければならず、
簡単に録音ができない時代でした。

録音したい旨を、
一番上の上司に相談したら、
その上司が高齢男性に言ってしまい、
それ以後、暴言を吐かなくなりました。

録音されたら問題ですからね。

上司も上司。
問題を隠してしまい、
私を守ってくれませんでした。

結局、私は、
暴言を受けたストレスと
ダメ上司で、その職場をやめました。

このことをきっかけに、
「音声録音」の大切さを
身に染みて感じました。

何かの契約やもめごと、
言いがかり、ハラスメント・・・

こうした問題の解決には、
証拠が必須です。

相手には失礼かもしれませんが、
危ないと感じた時には、
ボイスレコーダーや
スマホの音声レコーダーで
録音するのが必要でしょう。

音声データでも
ほんの一部分だけでは説得力がないので、
回数や時間も必要で、
できれば、一貫した会話の流れを
録音することがいいでしょう。

「言った」「言わない」の論争は
本当に困ったものですね。




     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村

2018年5月18日金曜日

「4分の3、青い。」

左耳中等度難聴

現在、NHK朝ドラで
「半分、青い。」を放送しています。

子供の頃におたふく風邪で
左耳の聴力を失聴したヒロインが
田舎から東京に出て
マンガやイラストで頑張っていくお話です。

このヒロインの「すずめちゃん」は、
左の聴力が完全になくなりましたが、
実は、私は
左耳の聴力が「半分」に落ちています。



7~8年前のことです。

シャワーの音がヘンに感じました。
片耳が詰まったような感じ。

長らく我慢していましたが、
やはり聴こえのバランスがおかしいと思って
耳鼻科に行き、聴力検査で
突発性難聴と診断されました。

原因は不明です。

しかし、すでに時遅し、
ステロイドを飲んでも治りませんでした。

発病して1~2週間以内に
投薬しないとダメなのだそうです。

現在、左耳の中高音域が
60デシベル(正常だと0~20くらい)
に落ちていて、中等度の難聴です。

左耳だけで聞くと、
雑音の中では人の言葉が
曖昧にしか聞こえません。
特に、子音の判別が困難です。

時計の動くカチカチも
ヘルツによっては聞こえません。

でも、右耳は正常なので、
ほぼ日常に支障はないのですが・・・

ただ、私は教師や研究者の他に、
音楽の仕事もしてきました。

それまでは、
オーケストラのコンサートなどでは、
私は楽曲の構成をよく知っているので、
普通の人では聴き分けられないほどの
各楽器の音のバランスの良しあしが
よく聴き取れました。

それが、一流のオケを聴いても
音がやや歪んで聴こえるのです。

愕然として、それからは
コンサートへの足が遠のきました。

自分でピアノを弾く分には、
あまり影響は感じませんが・・・

一番辛いのは、
左耳に常に耳鳴りがあることです。

左右の聴こえのバランスを取るために、
脳のセンサーが異常をきたし、
聴こえないはずの高音域が
頭の中で鳴ってしまうのです。

ヒロインのすずめちゃんも、
「左耳で小人さんが歌っている」
と言っていましたが、
その通りです。

最近、大きな病院で
MRIを撮って調べましたが、
腫瘍とかはなく脳は大丈夫でした。

先生から、
「もう聴力は元には戻らないから、
耳鳴りに慣れるしかないですね。」
と言われ、音響療法を奨められました。

耳鳴りと同じようなヘルツの音を
わざと流して聴くのです。
自然音(川のせせらぎなど)が
いいそうです。

そのうち脳が慣れてくるそうですが、
今のところまだ小人さんがよく騒いでいます。

補聴器での治療もあるのですが、
最近の医学的研究では、
あまりお薦めではないとのことでした。

最近、パパさんがボーリングを始めました。
持病の心房細動が手術で良くなったので、
少しずつ運動療法です。

私も付き合って行っています。

ボーリング場はかなりうるさいので、
耳に大丈夫かと思いましたが、
逆に、うるさいから
耳鳴りがわからなくなって
良いような気がしてきました。

年齢とともに
耳や目(緑内障)が悪くなってきましたが、
これからも、
悪いところが増えていくことでしょう。
嫌ですね~

私の場合、
聴こえる部分を「青い」とすると、
「4分の3、青い。」です。

これからも、
左耳に住む小人さんとともに、
仲良くしていく他なさそうです。





     

      
                                                                          にほんブログ村 その他日記ブログ 日々の気になることへ     人気ブログランキング  
 にほんブログ村